DIARY

良明さんとPANTAさんと

昨夜は、こちらでした。

ムーンライダーズ白井良明さんと、頭脳警察PANTAさんのジョイントライブ “長野の続き”

長野公演ではお二人で演られていたのですが、東京公演では我々も参加させて頂きました。

PANTAさんは、ソロ弾き語りと良明さんとのduo編成で数曲。

良明さん率いる我々for instanceは、初のトリオ編成で。ここのところの5人編成時のダイナミズムは鉄壁なので、トリオでは如何に空間を意識するか。

↑と、いいつつ、身の回りの空間はぐちゃぐちゃな終演後、、、(^_^;)

今日のセッティングです。

下のマットはハコのものを使わせてもらったのですが、TAMAからこんな良いマットが出てたのですね!Pearlも出さないかなぁ。。。

for instanceの時は右手側にチャイナシンバルをセットします。

サウンドチェック後に、ベースの雲丹亀卓人 a.k.a.ウニちゃんと、プチ路上居酒屋でバイブス調整。

ちなみに “雲丹亀” は本名。

本番前の楽屋でも「珍しい苗字だなぁ!」と、PANTAさん。

そして、アンコールセッションは全員で。

良明さんのソロ曲「青空のトランペット」で、会場全体がgood vibesになった後に、会場がどよめいた、頭脳警察の「銃をとれ」、当時は放送禁止にもなったという名曲。

そして、最後に「コミック雑誌なんか要らない」

僕は同名の映画が大好きで(内田裕也さん主演で、ビートたけしさんが豊田商事事件の殺人犯も演じたアレです) 、頭脳警察ファンの内田さんがこの曲をそのまま映画のタイトルにしたという。

この曲達をPANTAさんと一緒に演奏した。しかも良明さんのギターで。。。て、これは、もしかして凄い夜だったのではないだろうか。


本日のオータ飯 vol.34

濃厚ラーメンかなや@方南町 (濃厚ラーメン辛+味玉)

都内屈指の家系 “桂家” 跡地に、今年の2月突如開店した “濃厚ラーメンかなや”

某若きラーメン評論家の方と、某町田の有名店の方がタッグを組んだハイブリッド店ということで、開店当時はラーメンフリークの間で、少し騒ついておりました。

当時、僕も食べに行って○特濃厚ラーメンを食しました (上の写真は当時撮影したものです)

自分のメモ欄には「天一 meets 家系、ど直球の豚骨はポテンシャルありまくり!」と、記してあったので、半年ぶりに訪問、笑。

半年前はまだメニューに無かった辛ver.を。

ハイブリッドな濃厚ボディスープの上に乗る、辛味挽肉とニラ、玉ねぎみじん切りがもう最高!

別メニューに「台湾ラーメン」もあったので、もしやそれの具も同じなのかも。

前回は細麺で食べたので、今回は太麺をチョイス。ビックリしたのが、このスープ、太麺でもバッチリ合いますね。また違った顔になるというか。

太麺と細麺をチョイス出来るお店は珍しくは無いですが、その違いを、完璧に受け止められるスープってのはなかなか無い気がするのですよね。

“このスープに太麺は合わないかもなぁ” なんて懐疑してた自分の先入感をガツンと打ち砕いてくれた一杯でした。

濃厚ラーメンかなや

東京都杉並区堀ノ内1-3-13

18:00〜翌1:00

17:00〜22:00 (日曜)

定休日 水曜